Sunday, June 17, 2018

「100年生きて60年働く時代をどう生きる?」&「人生が劇的に変わる「聴き方」講座」


6月のぽーと会は、日本全国はもとより、海外でも活躍されるキャリアカウンセラーの工藤倫子さんをお迎えしました。

今回の倫子さんの渡米は、20161月に初めてサンディエゴで講演していただいて以来の二度目でした。

あれから2年半、時代も常に動き続け、それに伴い倫子さんによってアップデートされ続けている2つのセミナーを行っていただきました。

63日(日)の「100年生きて60年働く時代をどう生きる?~これからの人生をワクワク生きるために知っておきたい10のこと~」では、いま私達が生きている「もしかしたら多くの人が100歳まで死なないかもしれない未曾有の長寿時代」「AI、ロボット、シンギュラリティ、ブロックチェーン、ベーシックインカム等の様々な新しいシステム、概念が生まれつつある変化の時代」について、データなどを用いて紹介してくださりながら、「私達が今いちど自分自身を知り、得意なこと・好きなこと・出来ることなどを棚卸しをすることによって、未来への準備を着々と進めるためのヒント」を沢山いただきました。

参加者の方達からのご感想を紹介します。
今、専業主婦でキャリア不足と感じていても、誰でも何か出来ることがあるはず。自分の経歴を見直してみるということ、自己資金が1万円しかなくても一万円で出来ることを始めれば良いという言葉が印象に残った」「100年生きちゃうかも!?という事が現実味を帯びてきて、と同時にまだこれから新しいこと始めてもいいんだなと、励まされた感じがした」「子供達に対して将来のビジョンなどを語るうえで少しでも知識をつけておきたいと思って参加した。親の私たちの考えが20年遅れているとか、2050年までには思いもしなかった国々が経済的にも伸びてくる等、新しい知識、考える力を頂いた」倫子さん自身の経験もとても興味深く、子育てが終わった後の人生観も少し変わったような気がする」「自分が今までやって来たことは、これで良かったのだと確信できた」などなど、皆さん夫々の心に残るものがあったようです。




610日(日)に行った第2弾の「人生が劇的に変わる「聴き方」講座」では、キャリア・カウンセラーとして常日ごろ人の話を聴くことを仕事とし、キャリアカウンセラー養成の講義では聴くことを教えている倫子さんから、「大切な人間関係のために“いざ”という時に生かせる、奥の深い聴き方」を学びました。

参加者の皆さんから、「聴くということは心理学なのだと思った。難しいことだが、先ずは自分の聴きグセを自覚することから始めたい」「人とのコミュニケーションの取り方について自分が足りなかった所がわかった。いつもじゃなくていい、何かひとつ、ここぞの時などに実践すれば良いという言葉にも救われ」「一番印象に残ったのは人の気持ちは絶対に分からない、だから分かろうとする努力を止め無い“という言葉」「目からうろこ状態だった。どうしたら相手の話したいことを話させてあげられるかというポイントを実践していきたいと思った」「客観的に自分を観察することができた」等々、たくさんの感想をいただきました。




サンディエゴでの2つのセミナーの間には、アーバインでのセミナー、サンディエゴでの個人セッション、と盛りだくさんのスケジュールを終えて、無事に日本へ帰国された倫子さん。これからの自分が楽しみになる沢山のヒントをありがとうございました。またいつの日か、サンディエゴに「ただいま」と帰ってきていただき、お話を伺うことを楽しみにしています!

セミナーに参加してくださった皆さん、懇親会に参加してくださった皆さんにも、楽しい時間を共有してくださったこと、心から感謝申し上げます。



x