Friday, September 7, 2018

お帰りなさい、先輩! ~社会人・大学生のお姉さんお兄さんと、現役中高生との交流会~


8月最後の日曜日、現地校・新学年スタート スペシャル「お帰りなさい、先輩!」と題した会を行い、「かつてはサンディエゴで中高生だったお姉さん・お兄さん」と、現役中学生・高校生のお子さん達との交流を行いました。

かねてより何人かの方から「お姉さんやお兄さんの体験談を聞いたりお喋りしたりしながら、中高生を発奮させてほしい」「やはり子供は、親世代からよりも年の近いお姉さん・お兄さんから良い刺激を受ける」との声を頂き、このような会の実現をずっと温めていました。

この日、忙しいスケジュールを縫ってスピーカーを引き受けてくださった先輩方は、遥々ロサンゼルスからこのセミナーのために運転して来てくださった2名と、サンディエゴにお住まいの1名でした。




Business Tax Consultantのお姉さんは、州立大学でAccounting MajorJapanese Minorを取得し、現在は多くの日本企業を顧客とする会計系コンサルティング会社で活躍されています。在学中にはインターンや留学も含め、アカウンティングと日本語に特化したプログラムで充実した5年間を過ごされたそうです。日々の業務は大変忙しく、この日も帰宅したらすぐに仕事に取り掛かると仰っていましたが、その姿はとてもイキイキとしていました。

現在、Cinema & Media Studies and Screenwritingを学ぶお兄さんは、UCからコミュニティカレッジ、そしてフィルムの最高峰の私立大学へ編入するという道を選びました。自分の好きな道へ進むため、大学での授業に加え、映画会社、ビデオ会社、TV局などでのインターンやバイトをこなしながら寝る間も削って惜しみない努力をされています。

Food Insecurityの人々をサポートするNPOProgram Managerとして働くお姉さんは、東部にあるリベラルアーツの大学を卒業後、サンディエゴに戻って就職されました。最近では新たな目標を見つけ、日本のバックグラウンドを持った小中学生に英語を教えるクラスを行うというビジネスもスタートされたそうです。

先輩方は一見すると、日本のバックグラウンドを持っているということ以外は三人三様の道を歩いて来られた方たちでしたが、自分の“Who I am”やパッションの声を聞き、好きなことを徹底的に頑張ってきたという共通点がありました。

皆さんそれぞれに、高校・大学時代のこと(アクティビティ、アカデミックなど)、進学する大学を決めた理由、キャリアセンターやカウンセラーのこと、日本やヨーロッパに留学した時のこと、インターンやバイトのこと、現在の仕事のこと等々、ありとあらゆることを、「良い経験だったこと・楽しかったこと」「そうでなかったこと」の両方とも、自然体でユーモアを交えながらシェアしてくださいました。

質問コーナーでは、ひっきり無しに手が挙がる皆さんからの質問にも、一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

フリートーク・コーナーは、中高生や親御さんたちが自由にお姉さん・お兄さん達のところへ行って、自由にお喋りをする時間でした。3人の前にはいつも誰かが居て、お喋りが続いていました。




・・・参加された皆さんからセミナー後に頂いた感想をご紹介します。

「お姉さんやお兄さんの話に子供の目がキラキラしていた」「我が子たちが刺激を受けた」「先輩が三人ともパッションを持って進んでいるのが分かった。我が子たちにもそうなってほしい」「日本語の勉強は先輩たちもやはり辛かったんですね。でも今あんなに親御さんに感謝してる姿を見て励まされました」などなど。

・・・この企画の裏話としては、夏の終わりにサンディエゴに実際にいる先輩、いたとしても予定が入っていない先輩、あるいは遠方にお住まいでもこの日SDに戻って来られる先輩は非常に限られているため、先輩探しには大変苦労しました。

けれども、皆さんが「この三人のお話を聞けて本当に良かった」と仰ってくださったこと、また先輩方も「スピーカーをやってよかった」「楽しかった」「自分の経験が誰かの役に立てるなら嬉しい」といってくださったことで、この三人の顔ぶれが集ったことにも意味があったのだなと感慨深いものがありました。

帰り際に或る高校生が「みんなすごく大人ですね。私もあんな風になれるのかな? いつか此処にああやってスピーカーとして戻ってきたい」と自ら言ってくださいました。

思わず胸がいっぱいになる言葉でした。この日の先輩達の中には、ぽーと会初期には高校生の時に客席に座っていた方もいましたので、この日の中高校生のうちのどなたかが、いつかスピーカーとしてお話してくださるとしたら、まるでバトンが次の世代、また次の世代へと渡されていくようで、これほど嬉しいことはありません。

先輩の皆さん、中高生の方が今まさに経験していることや未来に通るかもしれない道のりを、既に悩んだり乗り越えたりしながら歩いて来たからこその、力強い応援メッセージを有り難うございました!皆さんの益々のご活躍を、一同で心からお祈りしています。

朝早くからお集まりくださり、交流会を盛り上げてくださった皆さんにも、心から感謝いたします!



Sunday, June 17, 2018

「100年生きて60年働く時代をどう生きる?」&「人生が劇的に変わる「聴き方」講座」


6月のぽーと会は、日本全国はもとより、海外でも活躍されるキャリアカウンセラーの工藤倫子さんをお迎えしました。

今回の倫子さんの渡米は、20161月に初めてサンディエゴで講演していただいて以来の二度目でした。

あれから2年半、時代も常に動き続け、それに伴い倫子さんによってアップデートされ続けている2つのセミナーを行っていただきました。

63日(日)の「100年生きて60年働く時代をどう生きる?~これからの人生をワクワク生きるために知っておきたい10のこと~」では、いま私達が生きている「もしかしたら多くの人が100歳まで死なないかもしれない未曾有の長寿時代」「AI、ロボット、シンギュラリティ、ブロックチェーン、ベーシックインカム等の様々な新しいシステム、概念が生まれつつある変化の時代」について、データなどを用いて紹介してくださりながら、「私達が今いちど自分自身を知り、得意なこと・好きなこと・出来ることなどを棚卸しをすることによって、未来への準備を着々と進めるためのヒント」を沢山いただきました。

参加者の方達からのご感想を紹介します。
今、専業主婦でキャリア不足と感じていても、誰でも何か出来ることがあるはず。自分の経歴を見直してみるということ、自己資金が1万円しかなくても一万円で出来ることを始めれば良いという言葉が印象に残った」「100年生きちゃうかも!?という事が現実味を帯びてきて、と同時にまだこれから新しいこと始めてもいいんだなと、励まされた感じがした」「子供達に対して将来のビジョンなどを語るうえで少しでも知識をつけておきたいと思って参加した。親の私たちの考えが20年遅れているとか、2050年までには思いもしなかった国々が経済的にも伸びてくる等、新しい知識、考える力を頂いた」倫子さん自身の経験もとても興味深く、子育てが終わった後の人生観も少し変わったような気がする」「自分が今までやって来たことは、これで良かったのだと確信できた」などなど、皆さん夫々の心に残るものがあったようです。




610日(日)に行った第2弾の「人生が劇的に変わる「聴き方」講座」では、キャリア・カウンセラーとして常日ごろ人の話を聴くことを仕事とし、キャリアカウンセラー養成の講義では聴くことを教えている倫子さんから、「大切な人間関係のために“いざ”という時に生かせる、奥の深い聴き方」を学びました。

参加者の皆さんから、「聴くということは心理学なのだと思った。難しいことだが、先ずは自分の聴きグセを自覚することから始めたい」「人とのコミュニケーションの取り方について自分が足りなかった所がわかった。いつもじゃなくていい、何かひとつ、ここぞの時などに実践すれば良いという言葉にも救われ」「一番印象に残ったのは人の気持ちは絶対に分からない、だから分かろうとする努力を止め無い“という言葉」「目からうろこ状態だった。どうしたら相手の話したいことを話させてあげられるかというポイントを実践していきたいと思った」「客観的に自分を観察することができた」等々、たくさんの感想をいただきました。




サンディエゴでの2つのセミナーの間には、アーバインでのセミナー、サンディエゴでの個人セッション、と盛りだくさんのスケジュールを終えて、無事に日本へ帰国された倫子さん。これからの自分が楽しみになる沢山のヒントをありがとうございました。またいつの日か、サンディエゴに「ただいま」と帰ってきていただき、お話を伺うことを楽しみにしています!

セミナーに参加してくださった皆さん、懇親会に参加してくださった皆さんにも、楽しい時間を共有してくださったこと、心から感謝申し上げます。



x

Wednesday, May 16, 2018

カレッジファイナンス勉強会


4月のぽーと会は、アメリカでの大学進学を考える際に欠かすことができない「カレッジファイナンス」についての勉強会を行いました。

講師にはPFSインベストメントのディストリクトマネージャー・金子ゆかさんをお迎えして、丁寧に解説して頂きました。

FAFSA, CSS Profile, Net Price, Sticker Priceなどなどを始めとし、難解な用語解説を含めたカレッジファインナンスの仕組みを教わりました。また、トランプ政権の税制改革2018による学費やフェデラル・ローンへの影響や、総残高が年々膨れがり社会問題にもなっている学生ローンなどについても、興味深く伺いました。



これらのことを通して、学費準備を出来る範囲内でなるべく早く始めることのメリットを学びました。またその方策として、投資の具体案やその他のアイデアについてもご紹介いただきました。

・・・金子さんによるカレッジファイナンスのセミナーは、ぽーと会では勿論、その他の日系コミュニティでも大変人気の講座です。

カレッジファイナンスを考える時、ただ単に学費のことだけに気持ちが集中してしまいがちですが、私たち親自身の老後の資金や家の購入・ローン、その他もろもろを考慮しながら「家族のファイナンス」全体の中の一つとして学費を位置づける金子さんの考え方は、家族全員の未来を考えるためにも非常に重要なことだと思われました。

「お子さんも含めて、是非ご家族でファイナンスについてお話しをしてみてください」と仰る金子さん。それぞれの家族のファイナンスに合った学費について、その準備について、ひいてはアプライする大学について考えるという一連の流れを、家族全体の問題として考えることを勧めてくださいました。

私たち一人ひとりが、金子さんがお話してくださった膨大な量の情報を収集するには一体どれほどの時間を費やさなければならないことかと頭を抱えますが、こうして日本語で丁寧に解説して頂けることの有り難さを改めて感じたセミナーでした。金子さん、ご尽力くださり本当にありがとうございました!

参加してくださった皆さんも、次から次へと質問の手を挙げてくださり、熱心に聴いておられました。本当にありがとうございました。

「知らなければ損をする、知っていれば選択肢の幅が広がる」という金子さんの言葉通り、このセミナーを通して皆さんの選択肢の幅が広がりますように!





Monday, March 12, 2018

ぽーとカフェ 2018


2月のぽーと会は、ほぼ一年ぶりのぽーとカフェを行いました。

Coffee Tea & Cake を囲んだ「歓談タイム」のあと、今年はタイムマネージメント法について皆でアイデアを出し合う「シェアタイム」、そして ぽーと会発足の初期から会場を提供してくださっている学習塾ピークの姉小路先生にお話を伺うコーナーの三部構成でした。

Cakeは今年もBake Station Double Zeroにお願いしました。お母さん達が癒されるような可愛いケーキをという注文に応えてくださったのがこちらです。↓

美味しいケーキとコーヒーやお茶を味わいながら、お母さん達の「お久しぶり~」や「はじめまして」のお喋りが弾みました。


   
 「タイムマネージメント」法のコーナーでは、現地校にアクティビティに日本語学習にと多忙な子供たちや、彼らの送迎やサポートを始めとしてMulti-Taskingな日々を送るお母さん達が普段から心がけていること、これまで試してきたことなどをシェアして頂きました。

「あらかじめ一週間分の献立表を作って気持ちを楽にする」「電気代も時間もかからない便利グッズの紹介」など家事のコツから、「計画を立てる」「時間を逆算する」「メモ帳や付箋のフル活用」「Googleをスマホのカレンダーとリンクする」などの実践的方法、「時間はたっぷりあると自分に暗示をかけて焦らない」「時間は自分で作り出す」「子育てとはそもそも手間がかかるものだという覚悟を持つ」などのメンタルな方法まで、幅広い角度からのアイデアが出ました。

また、自分の好きなことや大事なことをする時間を作るため、「家族が起きだす前の早朝に起きてやる」「子供と早く寝て深夜に起きる」「隙間時間を利用する」など、皆さん夫々に工夫をされているのが感じられました。

そして「頑張り過ぎないこと」「人の手を借りること」「山のような“やること”の中にポジティブを見つけること」「自分もイキイキと楽しむこと」というお母さん自身の幸せ感の大切さへと話が収束ました。

タイムマネージメント法に関連して、お子さん達が宿題やアクティビティで忙し過ぎることや、やりたいことが多すぎるけれど選べない苦しさなどをシェアしてくださったお母さん方もいらっしゃいました。

・・・ 最後に、長年のあいだ小中高生の指導に当たって来られた姉小路先生から、「思春期の子供を持つお母さんに伝えたい三つのこと」というテーマでお話を伺いました。

これまでも時おり参加してくださる ぽーと会で「子供の気持ち」を代弁したアドバイスをくださり、それが私達の心に一石を投じ、後から後から思い出されることが多いというお母さんが多くいらっしゃいます。

今回も「男性の代表」「子供の代弁者」として、①「お母さんは言いたいことの1/10ぐらいに」②「子供のレールを敷かない」③「子供の心配をしているようで実はお母さん自身の不安なのでは?という自問を」という三本柱を伝えてくださいました。

そしてその柱間には、「子供に時には失敗もさせること」、「彼らのスローな時間は想像力が育つ大切な時間」「彼らの言葉をゆっくり待ってほしい」「親の有り難味が本当に分かるのは巣立って一人になってから」「外で何があった日でもお母さんのご飯に救われる」・・・・等々の心に残る言葉がいっぱいでした。

姉小路先生には、休日にもかかわらず沢山の時間を割いて貴重なお話をしてくださいましたこと、本当に有り難うございました!

参加してくださった皆さんも、カフェの設置準備や後片付け、更に沢山のアイデアや想いをシェアしてくださり、心から感謝でした!

Wednesday, November 22, 2017

お仕事シリーズ第4回 「CPA(Certified Public Accountant)/公認会計士とは?」

ぽーと会では、世の中の様々な仕事を中高生に紹介する「お仕事シリーズ」を不定期で行っています。

10月の ぽーと会は、シリーズ第4回「CPACertified Public Accountant/公認会計士とは?」を行い、サンディエゴでCPAとして活躍するMさんをお迎えしました。

San Diego State University在学中にCPA試験に合格し、その後監査法人で会計監査の経験を積み、ライセンスを取得したMさんは、*Delloitを皮切りにSANYO*BDRevlonなど、様々な分野の会社で働いてこられました。

セミナーではMさんから、「CPAは日々どんな業務を行い、何のために存在する仕事なのか」という全体像をはじめ、CPAになるための道のり(大学でのMajor選び、ライセンス試験のpre-requisite、試験内容など)、ライセンス維持のために必要なこと、Big4に入るチャンスを高める方法、CPAに必要な資質、気になる年収などなど、沢山のことを教えて頂きました。

お話を伺って、「お金を扱うところ、すなわち売買や取引が発生するところには必ず経理が要り、Accountantが存在する」こと、それは言い換えると「CPAとは、ある特定の分野でしか働けない仕事ではなく、あらゆる分野の会社で働くことが出来、経験を活かすことが出来る仕事」だということを学びました。非常に需要の高い仕事である、ということを感じられた方も多かったようです。

Mさんご自身、電気関連のSANYO、バイオメディカル関連のBD、そして現在は化粧品のRevlonに在籍することで、それまで全く知らなかった分野について学ぶ必要性や興味が出てきたことで、世界が大きく広がったそうです。

そんなMさんがお話してくださる、私達が知らない其々の業界こぼれ話もまた、とても面白く、引き込まれました。

また、CPAの適性としては、リーダシップや数字のセンス、細かいことが好きで注意を払えるかどうかは勿論ですが、木(この場合は数字)だけでなく森も見ようという感覚があるかどうかが大切、とのことでした。



ところでMさんは、アメリカでCPAというプロフェッショナルな仕事をする働く女性であると同時に、ご主人の妻でもあり、子育てをするお母さんでもありました。

会社が他州へ移転することになった時には転居も考えたそうですが、やはり色々なことを熟慮してサンディエゴに残る決意をし、ご自身は転職されたそうです。 ライフ・ワーク・バランスを取ることは時として並大抵ではなかったはずですが、いつもベストを尽くしつつユーモアも忘れないMさんの姿は、とても見習いたい背中です。

・・・参加してくださった皆さんは、Mさんの「今日なぜ来てくださったのですか?」という問いに、「将来の選択肢の一つになればと思った」と答えてくれた高校生や、「女性が専門的な仕事を見つけるキッカケになれば」「子育てが終わったら私自身が会計の仕事をしたい」「息子がAccounting Majorなので、彼が学んでいることを知りたかった」「これから子供がどういう分野に興味を持つか未だ分からないので、知識を増やしたい」と答えてくださったお母さん方のようにバックグラウンドはマチマチでしたが、皆さん其々にCPAの仕事と、その向こうにある社会を感じることができたようでした。

最後に「今日のセミナーで、CPAという仕事が大分イメージできました」と言ってくれた高校生の言葉が、嬉しく響きました。

Mさんは海外出張から戻られたばかりで、毎日お仕事をしながらのセミナー準備がどれほど大変なことだったかと思うと感謝が尽きません。私達の視野を大きく広げるセミナーを開催してくださり、本当にありがとうございました!

参加してくださった皆様にも、心より、ありがとうございました!

*Deloit:Big4 と呼ばれる大規模会計・監査事務所の一社
*BD:Beckton and Dickinson。医療テクノロジー会社で、医療機器・器具、試薬などを販売している

Saturday, September 23, 2017

オカンの幸せ、家族の幸せ

99日(土)、鍼灸師でアスレティックトレーナーの川尻隆先生(http://www.bodycraft-health.com/)をお招きし、「オカンの幸せ、家族の幸せ」と題したセミナーを開催しました。

まず、「大好きなスポーツを長く続けるための体づくりや食事」に関して、「小さい時は1つのスポーツに特化せずクロストレーニングにより身体能力を多角的に伸ばすこと」「怪我や不調は、身体の使い方や生活習慣の積み重なりの“結果”。“原因”を取り除く予防が大切」「横隔膜をしっかり上下させる深い呼吸の重要性」「宿題量が半端ない高校生も必死に睡眠時間を確保すること(その日に学習、練習したことは睡眠中に脳・身体に定着する)」「電磁波からなるべく遠ざかる努力」「現代の野菜は栄養価が減少しているため、質の良いものを選んで食べること」「腸内細菌を増やす食事の工夫」などなど、数え切れないほどのノウハウを頂きました。

また、今では誰でも手軽に受けられるようになったDNA検査について、この検査結果から分かることは、アスリートが体調を万全に整え、ベスト・パーフォーマンスをするために是非とも知っておきたいことでした。 またアスリートに限らず、誰もが自分の身体に合うもの合わないものを知って、身体という環境を良好に保つための手助けとなるそうです。




ところで今回のセミナーは、タイトル「オカンの幸せ、家族の幸せ」にもあるように、川尻先生が私たちに「子育て中のお母さん、頑張りすぎないで、幸せでいて」という応援メッセージを送ってくださるセミナーでもありました。

思春期の子供の気持ちを、かつては「思春期の息子」だった川尻先生が代弁してくださり、また、沢山の思春期アスリートを育成してこられた指導者の立場からも、思春期の子供との接し方について様々なアイデアをくださいました。

川尻先生の話に引き込まれ笑いに包まれながら、共感や感嘆、驚きなど、色々なトーンの声が会場から聞こえました。
思春期の子育てに関する疑問や迷いを川尻先生に質問するお母さん達の手が、いつまでも途絶えることなく挙がりました。

先生の回答には一貫して「誰かの幸せの為に他の誰かが犠牲にならず、皆が幸せでいる道がきっとある」「家族の一人一人が自分で考え自分で決め、“やらされている感”を持たなくてすむ生き方をする」という考えがあり、そういった「それぞれを大切にすること」が「オカンの幸せ、家族の幸せ」に深く繋がっているというお話でした。

よく「オカンは家族の太陽」という言葉を耳にしますが、それは決してオカンが無理に明るくしたり作り笑いを浮かべるこではない、ということが心に沁み渡りました。

先生は、「オカンは世間体で行動しなかった」「早い段階から親を振りかざすのをやめ、子供の言うことを聞いて、次の世代へバトンを渡してくれた」ことを「ウチの親はすごいと思う」とも仰っていました。

皆さんが「元気をもらった」「パワーアップした」と笑顔になるセミナーを行ってくださり、川尻先生には本当に感謝でいっぱいです。

参加してくださった皆さんも、本当にありがとうございました!


*川尻先生の弟さんでピアニストの淳さんが、ぽーと会に来てくださった時のレポートはコチラ ⇒ https://portkaisandiego.blogspot.com/2015/05/




Saturday, June 24, 2017

アメリカ育ちの子ども&日本育ちの親      

64日(日)、就学中のお子さんと親御さんを対象に、ワークショップ「アメリカ育ちの子ども&日本育ちの親/違いを知ってお互いを理解し合おう ~子どもたちが学校で学ぶことを通して~」を学童クラブで行いました。

スピーカーには、学童クラブJapanese & Math Academy の数学の先生であり、人気ブログIn Nadeshiko Way「アメリカで生きる、やまとなでしこ達の学び場」主宰、そして2人の小学生のお母さんでもある小松スミスえりなさんをお招きしました。

今回のワークショップは、18歳で留学生として単身渡米し今日まで様々なチャレンジをして来られたエリナさんの、日米の文化や言語、学校教育に対する「鋭い観察眼」と「深い分析力」、またそれを「文章で伝える力」に加えて「人生を楽しむ姿勢」という4拍子そろったブログを拝見して感銘を受け、会いに伺ったのがキッカケでした。

日本で生まれ育った親が、アメリカ育ちの子どもを育てるとき、特に子どもが思春期に入ってくると、「なにゆえ、こんな行動を取るのだろう?」とか「なんだか話が通じない」「どうして子どもが私の話に耳を傾けてくれないのだろう」と思ったことがある方も少なくないと思います。 また、子どもは子どもで「なぜ親はこんなにクドクドとウルサイのだろう」「何が言いたいのか全然わからない」と思っていたりします(笑)。

これには勿論、親子間のGeneration Gapや個性の違いもありますが、アメリカで子育てをしている私たちにとっては、「親の文化」と「子どもの文化」が違うという点にも起因していると考えられます。

この文化の違いを、子どもが1日の大半を過ごすアメリカの現地校、そこで受けている授業や勉強の仕方などを通して培っている「ものの考え方の構造」「発想の仕方」という面からエリナさんに解説して頂いたのが、今回の画期的なワークショップでした。




ワークショプの概略については、San Diegoゆうゆうの佐藤編集長が素晴らしい記事にまとめてくださいましたので、是非ご一読ください。 (616日号P24 Look-Look


エリナさんご自身は、日本では数学が大の苦手で常に悩みのタネだったそうですが、アメリカのコミュニティカレッジでそれを克服。 数学の面白さに目覚め、Math Majorを取得されたそうです。このことによりその後の人生の大きな自信を掴んだとおっしゃいます。Mathが教えてくれたものは「人生全般における問題解決力」や「Mathの向こうに実社会があること」だとのこと。そして「それを多くの若者に伝えていきたい」と、これから本格的に教育者となるための勉強をご自身も重ねていらっしゃいます。

参加してくださった方々からも色々な感想が寄せられました。「エリナさんのお話を聞いて、我が家の親子間コミュニケーションの謎が解けた」と言ってくださった大学生、「こういうコミュニティがあるって良いね」とお母さんに呟いた高校生、「子供がこれから入っていくアメリカの学校のことが分かって良かった」と仰った小さなお子さんを持つお母さん、「子供が巣立つ前に聞けたら良かったなぁ~」とは成人したお子さんを持つお母さんたち、等など。

「私たち日本育ちの親」と「アメリカ育ちの子ども」が共に生きていく中で、今まで抱えていた、上手く言葉にできない「モヤモヤ」が、エリナさんによってクリアーになり、具体的な歩み寄りのアイデアも学ぶことがきました。
 

日米にまたがる親子の「橋渡し」のお話をしてくださったエリナさん、そして参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!